Billy

シンプルさを徹底的に追求した超軽量の無料音楽プレーヤー

Billy(ビリー)は、シンプルさを徹底的に追求し軽快な動作で音楽を簡単に楽しめる無料の音楽プレーヤーソフトです。簡素なインターフェースで複雑な機能は削ぎ落とし、とにかく簡単に操作でき軽快に動作するということが特徴です。音楽プレーヤーソフトには多機能が多すぎて動きが重くなっているソフトなども多くありますが、とにかく「音楽をすぐに簡単に聞きたいだけ」という人には最適な軽快ソフトです。 完全な説明を見ます

賛成票

  • シンプルさを追求した音楽プレーヤー
  • 軽快に動作する
  • 多彩なショートカットキーで簡単操作

反対票

  • 機能面ではやや物足りない
  • 対応音声形式が少ない

良い
7

Billy(ビリー)は、シンプルさを徹底的に追求し軽快な動作で音楽を簡単に楽しめる無料の音楽プレーヤーソフトです。簡素なインターフェースで複雑な機能は削ぎ落とし、とにかく簡単に操作でき軽快に動作するということが特徴です。音楽プレーヤーソフトには多機能が多すぎて動きが重くなっているソフトなども多くありますが、とにかく「音楽をすぐに簡単に聞きたいだけ」という人には最適な軽快ソフトです。

Billyは単純なインターフェースをしており使い方も非常に簡単です。起動するとメニューバーとシークバー、プレイリストだけしかないシンプルなウィンドウが表示されます。画面へのドラッグ&ドロップやメニューからの読み込みで音楽ファイルを読み込むだけで好きな音楽を簡単に再生できます。対応形式はFLAC、 MP3、WAV、 OGGの4つです。「再生」や「停止」「早送り」「巻き戻し」「録音」などの作業を軽快に行えます。また最小化すると自動でタスクトレイに入るので画面を出さずに再生を続けることなどもできます。

Billyを使ううえで魅力なのが、操作のほとんどがショートカットキーに割り当てられているということです。マウスを操作することなくキーボードだけですぐに操作できます。例えばEnterが再生で、F4ボタンでフォルダを開く、左右の十字キーが早送りと巻き戻し、ESCボタンが終了に割り当てられております。そのほかの機能を割り振ることも可能ですので、画面を見てマウスを操作する必要はほとんどないでしょう。

Billyはシンプルさを追求しているため機能面では使用環境においては不便さを感じるかもしれません。特に対応ファイル形式ではAACやWMAなどに対応していませんのでこれらの形式のコンテンツを聞きたい場合はFormat Factoryなどを用いて音声形式の変換を行う必要があります。多機能なメディアープレーヤーのiTunesMediaMonkeyなどと用途に応じて使い分けるといいでしょう。

Billyは無駄を徹底的にそぎ落としシンプルさを追求した無料音楽プレーヤーです。音楽を聴くためだけに重いソフトを立ち上げたくないという人にはぜひダウンロードをおすすめします。